Pasta alla crema di Ezobafununi
メニュー,  カンパネラのこと

奇跡の大地!奇跡の海!エゾバフンウニのクリームパスタ

Pasta alla crema di Ezobafununi

奇跡の大地!奇跡の海!エゾバフンウニのクリームパスタ

10代の頃、『北の国から』のドラマを観て
北海道と言う大地に憧れたのが私の青春時代でした。

北海道、
北海道、
北海道と
寝ても覚めても私が北海道に恋焦がれたのはなぜだったのでしょう?

確かに寒くて
冬は雪で閉ざされ
JRも一両編成でも乗車人数はガラガラで釧網線は虫の息(大粒の涙)
(東海道新幹線なんか17両編成で満席ですからね)
ウィンドウショッピングできるお店もなく
アスファルトのところが少ないから
ピンヒールなんかうっかり砂利のところで履いたら一発でダメにする場合もあり
冬はどんなにお洒落しても
長靴が合うコーディネートを余儀なくされるし笑
学習レベルも低いとバカにされ
(とわ言え、現役東大生続出してますからね。人口密度からいったら確率高いよ!)

ここで生まれ育った人に
『何にも無いこんなところへよく来たなぁ・・・』と良く言われます。
『何にも無い??』と私。

都会にあるものがあったら都会になってしまう。
北海道は都会にあるものが無いから北海道なのでは?

 

秋鮭のシーズンに鮭を狙って釣りに東京から何十万円もかけ
キャンピングカーに乗り
高い釣竿買って
家族で釣りに行こう!と
原動力が湧き出てくる不思議な大地。

場所取りに負けて結局一匹も釣れず
ボーズで帰って行く虚しい背中を見るたびに
そんなに魚が欲しかったら1万円も出せば
ビカビカの鮭が買えるのにねって思うけど
それでもそうしたいロマンある奇跡の大地なんです。
北海道は。

エゾバフンウニも同じ。
高い飛行機代を支払ってウニを食べる為だけに飛行機に乗ってまで
食べたいと思う奇跡の食材です。

ウニは厳密に言うと180種類くらいあるそうです。
大まかに3種類あります。
むらさきウニ:薄い黄色のウニ
バフンウニ:オレンジに近い濃い黄色のうに
エゾバフンウニ:濃いオレンジ色をして、甘みが強く、旨味が濃厚で、

日本産のうにの中で一番美味しいと言われているウニ

そんな奇跡の北海道で
私は暮らし、
奇跡の美味しいを提供しています。

美味しい奇跡の笑顔を見たかったから
私の青春時代は潜在意識レベルでそれを知っていて
北海道に恋焦がれていたのでしょう。

 

私は北海道を心から愛しています。

 

 

 

北海道知床斜里町駅前Bistroラ・カンパネラのオーナーsommelierです。 北海道旅行で美味しいもの食べたいをサポートさせて頂きます。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です