健康,  カンパネラのこと,  ワイン関係

ワインは楽しい飲み物。二日酔い対策。

 

こんにちは。madam yuuka です。

今日は二日酔いについて。

ワインで二日酔いなって
ワイン嫌いになっちゃった〜
というお話よく耳にいたします。

二日酔いの直接的な原因は
アセトアルデヒドという
タバコの煙にも含まれる
有害物質が原因でおこります。

 

飲酒後、肝臓でアルコール分解中にできる
アセトアルデヒドという物質が処理されるのですが
身体の許容範囲を超えたアルコールを飲むと
アセトアルデヒドが処理しきれなくなります。

本来、それは
おしこっこや

汗などで排泄されるのですが
飲みすぎて血液中にアセトアルデヒドの濃度が高くなり
吐き気や
頭痛
胸焼けなどの
嫌な症状が次の日に起ってしまいます。

これを二日酔いと言います。

 

特にシャンパーニュやスパークリングワインを
初めに飲むとき、
飲み口がいいので
ビールのようにスイスイ飲むとやばいです。

アルコール度数がビールの倍以上ありますので
同量飲んでも倍以上飲んだ計算になります。

ワインを大量に持ち寄ってホムパなどで
やられるケースはそれです。

白ワインや赤ワインより
ガブ飲みしやすいので
スパークリング系はお気をつけくださいね。

二日酔いの対処法としては

①空腹を避ける

②飲む前にオリーブオイル30CCくらいを飲んで胃の内部に膜を作って守る

③ワイングラスの横に水や経口補水液などを用意しておき
血中のアルコール濃度を下げながら飲む。
ワイン1口飲んだら水2口のペースがおすすめです。

④早いペースで飲まない。

⑤すでにやらかしてしまったら
フルーツ(バナナがおすすめ)を食べビタミンCを補給する。

⑥さらに最悪、
やばそうだったら早めに指を突っ込んで
トイレで吐く。
(高いワイン飲んで勿体無いですが、、、。泣)

高級なワインほど悪酔いしないと言われていますが
それは、ゆっくり丁寧の飲むからではないでしょうか?

安いものほど
グビグビのんじゃうので
結局、痛い目を見るのです。

ヨーロッパやワインを日常的に飲む習慣の国は
ワインは酔うための飲み物ではなく
料理の最後の仕上げにかけるソースや
料理を美味しく食べるために飲む
という考え方のようです。

これからの年末、
楽しいワインパーティーになりますように
ご参考になれば幸いです。

ではまた

 

北海道知床斜里町駅前Bistroラ・カンパネラのオーナーsommelierです。 北海道旅行で美味しいもの食べたいをサポートさせて頂きます。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です