テット・ド・モワンヌ
チーズ,  カンパネラのこと

テット・ド・モワンヌ

テット・ド・モワンヌ

テット・ド・モワンヌ

Tet de Moine

フランスに隣接したスイスのジュラ地方で15世紀から作られています。
テットは「頭」モアンヌは「修道士」で、
“修道士の頭”と言う意味の名前の修道院で誕生したチーズです。
専用の『ジロール』という削り機で花びらのように削るのがおすすめの食べ方です。
お味はピリッとした舌をさすような辛みがありまるでブルーチーズのようです。
牛乳の旨みが濃縮された濃厚な味で、
薄く削れたチーズは爽やかな後味を残しながら
口の中でほろほろと崩れていきます。
香りも強いので初心者にはちょっとハードルが高いチーズですが
お好みが合えば衝撃を受け生涯大好きなチーズになります。
フルボディの赤ワインかコクのある白ワイン日本酒にも良く合います。

北海道知床斜里町駅前Bistroラ・カンパネラのオーナーsommelierです。 北海道旅行で美味しいもの食べたいをサポートさせて頂きます。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です