トキシラズのカルパッチョ
メニュー,  カンパネラのこと

トキシラズのカルパッチョ

トキシラズのカルパッチョトキシラズのカルパッチ

 

鮭は北海道の川で生まれ海で4年程過ごした後、産卵するために
産まれた川に帰って来ます。

9月から11月頃鮭は旬ですがいま時期の脂のノった鮭をトキシラズと言います。

時不知(トキシラズ)はロシア北部のアムール川で産まれ
海を回遊している時に北海道東岸や岩手で漁獲されます。

食通が唸る大人気の理由は産卵まえの為、身には脂がのっていって非常に美味しいからです。

若い鮭なので光沢があり皮が薄く非常に美しいイケメン鮭です。
産卵準備がすすんだ鮭は脂や栄養分が卵巣や精巣に消費されているので北海道では「ホッチャレ」と呼ばれています。

私も子どもをふたり生んだ後、
お客様に「ホッチャレ」とよく言われました笑

北海道弁は楽しいんですよ〜

初夏に漁れるトキシラズは貴重です!

スッキリしたWhite wineと一緒にどうぞ!

 

北海道知床斜里町駅前Bistroラ・カンパネラのオーナーsommelierです。 北海道旅行で美味しいもの食べたいをサポートさせて頂きます。 よろしくお願いいたします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です