Domaine Drouhin Oregon Chardonnay Arthur 2018
ワイン,  USA

Domaine Drouhin Oregon Chardonnay Arthur 2018

Domaine Drouhin Oregon Chardonnay Arthur 2018

ドメーヌ・ドルーアン オレゴン シャルドネ アーサー

“シャブリ”“ムルソー”スタイルの融合したシャソースタイル
シャルドネの品種特性とオレゴンのテロワールを表現するため、
新樽比率を25%以下に抑え、
8ヶ月間ステンレスタンクとフレンチオークでそれぞれ熟成。

“酸のきれいなシャブリ”

“穏やかなムルソー”
ふたつのスタイルを絶妙にアッサンブラージュしています。
アーモンドや蜂蜜を想わせる味わいが口中に溢れ、
フレッシュで長い余韻が感じられます。

生産者:ドメーヌ・ドルーアン オレゴン Domaine Drouhin Oregon

「French Soul, Oregon Soil」


ドメーヌ・ドルーアン オレゴンは、
1987年、
アメリカ オレゴン州のウィラメットバレーに、
メゾン・ジョゼフ・ドルーアンが設立したワイナリーです。
ドルーアン家の長女ヴェロニクがワインメーカーを、
長男フィリップがヴィンヤードマネージャーを務め、
本家ブルゴーニュのドルーアンのポリシーを受け継ぎ、
異国の地で素晴らしいワインを造っています。


ドメーヌ・ドルーアン オレゴンの始まりは、
1961年、
先代社長であるロベール・ドルーアンの
西海岸への出張がきっかけでした。
カ
リフォルニアワインが世界に知られはじめたばかりのこの頃、
オレゴン産ワインは全くの無名であったにも関わらず、
ロベールは、この地こそが、
ブ
ルゴーニュの特有品種である
ピノ・ノワールの育成に
最適な場所であると直感します。
さらに1979年、
パリで行われたワインコンクールにおいて、
オレゴン産のピノ・ノワールが、
多数のブルゴーニュワインを差し置き、
最優秀賞を受賞したことにより、
ロ
ベールの直感は確信に変わりました。


1986年、ヴェロニクが大学の醸造学科を卒業するや否や、
オレゴンの数社のワイナリーに研修に行かせ、
翌年には、この地でのワイン造りを決意します。
ドルーアン オレゴンが所有する南斜面の畑に出会った時、
その土地は、小麦とクリスマスツリー用の木の畑でしたが、
新世界で、これほどピノ・ノワールの栽培に適した場所はないと、
225エーカーの土地を即座に購入し、
ドルーアン オレゴンは誕生します。

 

生産地:アメリカ オレゴン州 ウィラメットヴァレー ダンディー・ヒルズ

葡萄品種:シャルドネ

ポイント 受賞歴:

(2017)ワインエンスージアスト誌 92ポイント
(2017)ワインスペクテーター誌 91ポイント
(2016)ワインスペクテーター誌 90ポイント
(2016)ロバート・パーカー ワイン・アドヴォケイト 91ポイント
(2015)ロバート・パーカー ワイン・アドヴォケイト 91ポイント
(2014)ワインスペクテーター誌 92ポイント
(2010)ワインエンスージアスト誌 92ポイント
(2009)ロバートパーカー オンライン 90ポイント
(2008)ロバートパーカー オンライン 91ポイント
(2003)ワインスペクテーター誌 88ポイント
(2000)ワインエンスージアスト誌 92ポイント

@6050

魅惑のワイン多数取り揃えております。
お気軽にご来店下さいませ。
営業時間外はインターホン押して下さいませ!

Wine Shop La Campanella

〒0994112北海道斜里郡斜里町港町1-13
0152-23-7777
https://lacampanella.net

 

 

 

※ 20歳以上の年齢であることを確認できない場合は酒類を販売しません。

 

 

北海道知床斜里町駅前Bistroラ・カンパネラのオーナーsommelierです。 北海道旅行で美味しいもの食べたいをサポートさせて頂きます。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です