北海道の生活

斜里社日神社


休日は息子とドライブ。
みどり工房近くの小さな小さな神社へお参りしました。

どんな意味の神社かわからないので調べてみましたところ
あまり詳しく解説されていらっしゃる方がいませんでした。

社日は生まれた土地の神様(産土神)を祀る日で
春と秋の2回
春のものを春社(しゅんしゃ、はるしゃ)、
秋のものを秋社(しゅうしゃ、あきしゃ)と言い
春分(3月20日頃)と
秋分(9月23日頃)のそれぞれに最も近い戊〔つちのえ/いぬ〕の日を指すそうです。

この日は産土神に参拝し、
春には五穀の種を供えて豊作を祈願し、
秋にはその年の収獲に感謝する。

また、春の社日に酒を呑むと耳が良くなるという風習があり、
これを治聾酒(じろうしゅ)というそうです。
(島根県安来市社日町などが地名として残っている)

斜里のみどり工房の近くの畑の中にあります。

 

北海道知床斜里町駅前Bistroラ・カンパネラのオーナーsommelierです。 北海道旅行で美味しいもの食べたいをサポートさせて頂きます。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です