ブイヤベース
メニュー,  カンパネラのこと

Bouillabaisse

ブイヤベース

ブイヤベース

南フランス プロヴァンス地方 マルセイユの名物料理。
水揚げされた商品価値のない雑魚を
大鍋にぶち込み塩のみでごった煮して作られ
漁師町で食されたワイルドなスープ。

その後、発展し洗練され
世界三大スープの一つにまで格上げになりました。

世界3大スープ
フランスのブイヤベース
タイのトムヤムクン
中国のフカヒレスープ

ブイヤベースの語源は
煮込む(bouill)+
火を止める(abaisse)。

現地の方は煮込んだ具は出汁で
濾して落ちたスープがメインの考え方。
魚は別に切り分けて提供します。
パンをつけてワインと一緒に食べたりします。

豪華に具材もさることながら
メインはスープを楽しいんでいただきたいお料理です。

風邪などにも薬膳効果あるサフランやオレガノも入っています。

ワインはロゼで。

Tavel Rosé La Reine des Bois

カンパネラはイタリア風に仕上げてご提供しております。

 

 

北海道知床斜里町駅前Bistroラ・カンパネラのオーナーsommelierです。 北海道旅行で美味しいもの食べたいをサポートさせて頂きます。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です