Chateauneuf du Pape 2003
フランス,  コート・デュ・ローヌ

Chateauneuf du Pape 2003

Chateauneuf du Pape

シャトーヌフ デュ パプやわらかなタンニンと芳醇な香り熟成シャトーヌフ デュ パプ

葡萄は、様々な葡萄園からのものを使用います。
モンタリヴェ、ラ クロ、レ ブランシエール、パレストール、ボワ ドーファン、ピエ ド ボーなど15ヶ所で、
これらの畑はアペラシオンの北から南へ広がっています。
葡萄畑の向きや気候、土壌は、とても多様で、同じ品種に様々な表情をもたらします。
収穫量は30hL/ha。クロ デュ モン オリヴェでは、シャトーヌフ デュ パプを造る際、
畑(収穫)とセラー(醸造)で行う2度の選別によって、造るキュヴェの選択を行なっています。
一部を除梗し、重力でタンクに満たします。コンクリートタンクで、32度で20日間醸しを行います。
エレガントさとフレッシュさを保つために、抽出し過ぎないようにします。
フリーランとプレス果汁は別々に醸造し、マロラクティック発酵までは、主にコンクリートタンクで行います。
ルモンタージュは、発酵中1日2回行います。
ブレンドした後、タンクで6ヶ月、50hLの大樽80%、樽20%で18ヶ月熟成させます。

’03年はフランス全土が暑く、昼は40度で夜も30度でした。
あまりに暑いと葡萄の生育が止まってしまいます。
そういう問題が起こった年でした。多くのワインがアンバランスなワインとなりましたが、
このワインは違います。畑を掘り返し、根が地中深く伸びるようにしています。
根が水分を含む粘土質層に届いており、
そこから水分を吸収出来るので、水分不足になりません。「
このワインは瞑想するために飲んでほしい」とティエリは話していました。
プラムを思わせる甘い果実の香りが広がり、
やわらかいタンニンの、非常にバランスのよいワインに仕上がっています。

生産者:クロ デュ モン オリヴェ
生産地:コート デュ ローヌ シャトーヌフ デュ パプ
葡萄品種:グルナッシュ80%、シラー10%、ムールヴェードル6%、サンソー、クノワーズ、ヴァカレーセ

@7500

斜里郡斜里町港町1-13
0152-23-7777
Wine Shop La Campanella

https://lacampanella.net

 

※ 20歳以上の年齢であることを確認できない場合は酒類を販売しません。

北海道知床斜里町駅前Bistroラ・カンパネラのオーナーsommelierです。 北海道旅行で美味しいもの食べたいをサポートさせて頂きます。 よろしくお願いいたします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です